ブログTOP > その他 > 週休3日制を導入する企業が増加|よくある疑問4つと導入のメリット3選

週休3日制を導入する企業が増加|よくある疑問4つと導入のメリット3選

その他 更新日:2023.02.28
エンジニア採用
週休3日制を導入する企業が増加|よくある疑問4つと導入のメリット3選

週休3日を導入する企業が増えている理由

 

優秀な人材の確保と流出を止めようと、週休3日を導入する企業が増えています。企業の成績を上げることに貢献する社員が多ければ多いほど企業は成長し、売り上げも伸びやすくなります。そのため、企業は優秀な人材を1人でも多く確保したいと考えるでしょう。そして近年では、仕事とプライベートを分けられる環境が整う企業に就職したいと考える人も多く、週休3日の企業を選ぶ人もいます。また、社員がより働きたいと感じる企業を目指して、週休3日を導入する企業も増えてきています。

実際に週休3日の企業

 

週休3日を導入する企業が増えています。例えば、宅配会社業界では佐川急便株式会社、アパレル業界では株式会社ユニクロ、アウトドア業界では株式会社アルペンが週休3日を導入しています。大手企業の場合、仕事の量が多くなることもありますが、1人1人の仕事を効率よくできるよう工夫し、社員が週休3日を確保できるよう努めています。

週休3日を採用する企業のメリット3選

 

企業で週休3日を採用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、週休3日を採用する企業のメリット「優秀な人材を集めやすい」「離職率を下げることができる」「社員のモチベーション向上」をそれぞれピックアップし、詳しくご紹介します。

メリット1:優秀な人材を集めやすい

 

週休3日を採用する企業のメリットのひとつは、優秀な人材を集めやすいことです。優秀な人材ほど、仕事や職場を自ら選択しやすいです。中にはプライベートが充実できる企業で働きたいと思い、週休3日の企業を選ぶ人もいるでしょう。週休3日を導入することで、優秀な人材が転職してしまうことを防止できるかもしれません。また、企業にとって優秀な人材の中でも、特に子育て中の人が週休3日制の企業を選ぶ場合が多いようです。

メリット2:離職率を下げることができる

週休3日を導入することで、社員の離職率を下げることができるでしょう。週休3日であれば、社員は休日をより満喫でき、ストレス解消につながり、前向きに仕事に取り組めるようになるでしょう。楽しく仕事ができる企業で仕事を続けたいと考えるのではないでしょうか。

メリット3:社員のモチベーション向上

週休3日を導入することで、社員のモチベーション向上につながると考えられます。仕事に追われ満足に休暇が取れない生活では、疲れてしまう可能性があります。しかし週休3日であれば、十分な休暇を確保できるでしょう。元気であれば、仕事に意欲的に取り組め、質の良い仕事ができるようになるかもしれません。

週休3日を導入する際の疑問4つ

 

週休3日を導入しても、給料はどうすればいいのか、1日の労働時間はどうなるのか、休みはいつになるのかなど、疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。ここでは、週休3日を導入する際に、多くの人が感じやすい疑問を4つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

疑問1:給料はどうなる?

週休3日を導入する際に、給料がどうなるのか疑問に感じる人もいるでしょう。週休3日を導入している企業では、週1日分の給料を減らす場合が多いようです。企業によって異なりますが、給料の1~2割程度を減らす企業もあるようで、月収40万円の場合では4~8万円の減給になると考えられます。減給を避けるためには1日の勤務時間を長くしたり、勤務時間ではなく仕事の成果に対して給料が支払われるような仕組みにしたりする工夫が必要になるでしょう。

疑問2:デメリットは?

 

企業が週休3日を導入するデメリットは、社員や取引先とやり取りをする日数が減ることにより、スムーズなやり取りが難しくなる可能性がある点です。例えば、何かの取引が進行しているときに、間に3日の休みが挟まることで、前回話した内容や、今後話し合うべき内容を忘れてしまうこともあるかもしれません。そのため、週休2日のときよりもスムーズに仕事を進めることが難しくなる可能性もあります。

疑問3:1日10時間労働になる?

週休3日を導入した場合、1日の労働時間が10時間になる可能性があります。週休3日にしたことで、残りの4日で仕事を進める必要があるためです。週休2日のときと仕事量が変わらなければ、自然と1日の就労時間は長くなるでしょう。すると、週5日・8時間労働を4日分に分けて、1日の就労時間を10時間にする企業もあるようです。

疑問4:いつが休みになる?

 

通常土日休みの場合、金曜日を休みにすることで週休3日にしている企業が多いようです。その他には、火曜日や水曜日等に飛んで休みを取らせる場合もあります。また、サービス業では普段から平日休みの企業もあるため、平日に3日連続で休みを取るか、例えば月・火・木曜休みといったように間をあけて休みが取れるようにする企業もあるようです。

事業規模週休3日導入状況について

 

週休3日の導入について、事業規模ごとではどのような状況になっているのでしょうか。ここでは、3つの事例をピックアップし、週休3日の導入状況をそれぞれ詳しくご紹介します。

大手企業

大手企業における週休3日の導入では、週の合計労働時間はそのままに週休3日を導入する企業が多いようです。例えば大手宅配業者は、トラック運転手を確保するために週休3日を導入したとします。週の合計労働時間は変わらず、1日10時間労働としました。これなら給与水準を変えることなく、多様な人材を確保できるでしょう。また、大手のアパレル企業では、平日より週末のほうが忙しいことを考慮し、平日に3日間の休日を取るようにしているところもあるようです。

中小企業

中小企業では、週休3日の導入はなかなか進んでいないようです。大手企業の場合は従業員数も比較的多いため、週休3日となっても仕事をチーム全体で効率よく進めることができるでしょう。しかし、中小企業では従業員数が少ない企業も多く、さらに営業日が1日減ってしまうことで売上の減少につながる可能性もあります。その場合、業務改善に取り組む必要性がでてくるため、週休3日の導入に踏み切る中小企業はまだ少ないかもしれません。

公務員

公務員は、完全週休2日の場合が多く、週休3日はまだまだ導入されていない所が多いようです。1992年から完全週休2日制となりましたが、学校によっては教員が土曜日も出勤している場合もあります。しかし、例えばインドネシアの公務員は、優秀な人材には週休3日を与えるという取り組みもあるようです。

週休3日を導入する際に気を付けたいこと

 

週休3日を導入する際にどのようなことに気をつけるべきなのか、気になる人もいるのではないでしょうか。それでは、週休3日を導入する際に気を付けたいことについて、2つのポイントを取り上げてそれぞれ詳しくご紹介します。

目的を明確にして社員と共有する

週休3日を導入する際には、目的を明確にし、社員と共有しましょう。給料が減る可能性のある週休3日をなぜ導入するのか、目的がはっきりしなければ納得できず、離職してしまう人が出てしまう可能性もあります。そのため、週休3日にする理由や目的、メリットを社員にしっかり伝えましょう。また、業務内容や就業時間の変化、人事評価制度の見直しなどがある場合は、それらも周知することが大切です。

制度変更による社内調整のスケジュールを立てる

週休3日を導入する際には、制度変更による社内調整のスケジュールを立てましょう。例えば、週休2日の場合と週休3日の場合で、週の合計労働時間が同じくらいになるように調整するなど、休みの日数が違う社員同士でトラブルが起きないように注意しましょう。また、休日を何曜日にするのかを月単位で考え、社員同士がよく話し合い、多くの人が同意できる仕組みを作りましょう。

アフターコロナを見据えた週休3日の導入を検討しよう

 

アフターコロナを見据えて、週休3日の導入を検討してみましょう。多くの社員を出勤させる日が多ければ、コロナの集団感染を起こす可能性も高くなってしまいます。そのため、週休3日を導入し、社員同士のスケジュールを上手く調整して集団予防に努めてみましょう。また、週休3日を導入した企業では優秀な人材を集め、離職率を下げ、社員のモチベーションの向上も期待できますので、前向きに導入を検討してはいかがでしょうか。

この記事の監修者・著者

株式会社オープンアップITエンジニア
株式会社オープンアップITエンジニアAWSパートナー/Salesforce認定コンサルティングパートナー 認定企業
ITエンジニア派遣サービス事業を行っています。AWSやSalesforceなど専門領域に特化したITエンジニアが3,000名以上在籍し、常時100名以上のITエンジニアの即日派遣が可能です。

・2021年:AWS Japan Certification Award 2020 ライジングスター of the Year 受賞
・2022年3月:人材サービス型 AWSパートナー認定
・AWS認定資格保有者数1257名(2023年7月3日現在)
・Salesforce認定コンサルティングパートナー
・Salesforce認定資格者295名在籍(2023年7月3日現在)
・LPIC+CCNA 認定資格者:472 名(2022年4月1日時点)
ITエンジニアを派遣で採用したい企業様へ
ITエンジニアを派遣で採用したい企業様へ
  • 求人・転職サイトや自社採用サイトを使っているが、自社に合ったITエンジニアが応募してこない…
  • すぐに採用したいが、応募がぜんぜん集まらない
こんな悩みをお持ちの採用・人事担当者の方は、
オープンアップITエンジニアをご検討ください!

当社のITエンジニア派遣サービスは

  • 派遣スピードが速い!(最短即日)
  • 低コスト
  • 4,500名のエンジニアから貴社にマッチした人材を派遣
  • 正社員雇用も可能

こんな特長があり、貴社の事業やプロジェクトに合った最適なITエンジニアを派遣可能です。
まずは下記ボタンから無料でご相談ください。

無料相談のお申し込みはこちら
その他の記事一覧へ

カテゴリから記事を探す

すべての記事一覧へ