TOP > 顧客事例 > キヤノンITソリューションズ株式会社様

キヤノンITソリューションズ株式会社様

顧客事例

スキルも自主性も育む研修があるから安心。多岐にわたる職種で、多数の即戦力エンジニアの受け入れに成功【キヤノンITソリューションズ株式会社様インタビュー】

目に見えない、エンジニアのモチベーションの高さに「期待以上」の高評価

キヤノンITソリューションズ株式会社様

キヤノンITソリューションズ株式会社は、大手ITソリューションプロバイダーです。SIerとして「製造・流通」や「金融・社会」のソリューション事業を行いつつ、ITプラットフォーム事業ではITインフラの構築・保守・運用からセキュリティまで、包括的なソリューションを提案しています。

その中で、セキュリティを担うのがサイバーセキュリティ技術開発本部。メールの情報漏えい対策ソリューションや海外製のアンチウイルスソフトなどを提供しています。日々進化するサイバーセキュリティ製品を取り扱うため、常に多くの人材を必要としており、職種も多岐にわたるため、多数かつ多職種のエンジニアの獲得は欠かせません。

そんなキヤノンITソリューションズ株式会社のサイバーセキュリティ技術開発本部で本部長を務める神野氏、サービス開発課課長の望月氏、技術検証課課長の山下氏の3名にお話を伺いました。

プロフィール

キヤノンITソリューションズ株式会社 神野 成司様

神野 成司

キヤノンITソリューションズ株式会社

ITインフラ技術統括本部
サイバーセキュリティ技術開発本部
本部長

キヤノンITソリューションズ株式会社 望月 倫様

望月 倫

キヤノンITソリューションズ株式会社

ITインフラ技術統括本部
サイバーセキュリティ技術開発本部
開発部 サービス開発課
課長

キヤノンITソリューションズ株式会社 山下 智志様

山下 智志

キヤノンITソリューションズ株式会社

ITインフラ技術統括本部
サイバーセキュリティ技術開発本部
技術部 技術検証課
課長

情報漏えい対策ソリューションやアンチウイルスなど、セキュリティ関連ソフトの開発やサービスを提供


――普段はどのような業務をされているのでしょうか。

神野氏(以下、敬称略):キヤノンITソリューションズの中でも、私たちはITプラットフォームのインフラ系の事業に属しています。その中のセキュリティの部門となるサイバーセキュリティ技術開発本部には、大きな3つの柱があります。
自社開発している「GUARDIANWALL(ガーディアンウォール)」という名の、メールの情報漏えい対策ソリューションソフトを開発し、クラウドサービスとして運営しているのが望月の部隊です。
海外の製品の品質を担保して日本市場に卸していき、ESET社が開発したアンチウイルスソフト「ESET(イーセット)」の検証やサービスの運営をしているのが山下の部隊です。
もう1つが、マルウェアやパケットの解析とサイバーセキュリティに関する調査や分析などを行っている部門で、エバンジェリストとして外部に情報発信もしている部隊です。
これら3つの柱で成り立っている事業をセキュリティ事業として、私たちの本部内で推進しています。

日々進化するサイバーセキュリティ製品を取り扱うため、常に新しい人材が必要だが、自社雇用は厳しいのが課題

キヤノンITソリューションズ株式会社


――今回、エンジニアが必要になった背景について教えてください。

神野:私たちの部門は何かプロジェクトがあって、そのためにエンジニアを確保しないといけないというタイプではありません。何かがあってエンジニアを探すというよりは、常に探している状態です。バージョンアップや新製品のリリースなど、連綿として製品に携わり続けるため、組織としてラインアップが増加する製品の品質を担保していく必要があります。
そのため、常に社員のキャリア採用や派遣のパートナーから新しい人材を定期的に増やしていっています。その中で、インフラに強い人材を求めており、かつメールセキュリティに関わってくるので、メールシステムに強い技術者を探しています。


――自社雇用と派遣のバランスはどのようにお考えでしょうか。

神野:高いスキルを持った社員が業務でリーダーシップを発揮し、それを派遣の方にサポートしてもらえるように社員1名に対して派遣の方が1,2名ついてもらうのが理想のバランスだと考えています。しかし、IT業界は売り手市場であることもあり、私たちの部門で求める高いスキルを持った人材をキャリア採用だけで充足させ理想のバランスにするのは厳しい状況です。Linuxのスキルがあるなど、ベースとしてインフラに強い方でないと難しいという事情もあります。そのため、派遣の場合でもメールの仕組みやインターネット系のサーバーに精通したスキルの高い方に来てもらいたいと思っています。

多岐にわたる職種で16名の即戦力派遣エンジニアの受け入れに成功

キヤノンITソリューションズ株式会社


――オープンアップITエンジニアを知ったきっかけについて教えてください。

神野:元々、弊社のITサービス本部の方がオープンアップITエンジニアさんとお付き合いがあったようで、インフラのトレーニングをしっかりしているパートナーがいると2022年4月頃に紹介していただきました。


――現在16名のエンジニアを受け入れていただいていますが、最初の受け入れから、さらに人材を増やしているのにはどんな背景がありますか。

神野:2022年5月にオープンアップITエンジニアさんのエンジニアを受け入れた後も、定期的に他のパートナー企業にも声をかけてきましたが、大きかったのはLinuxのベースの部分です。どのパートナー企業の中でも、経験者や即戦力など、一定以上の水準にある人はなかなか見つかりません。IT未経験者をこちらで教えるとなると、インフラやLinux、AWSのベースのようなところから始めて、その上にESETやGUARDIANWALLなどの製品知識もつけてもらわないといけないので、育成に半年から1年はかかってしまいます。
その点、オープンアップITエンジニアさんでは最初のインフラ部分であるAWSやLinux、ネットワークの知識やスキルを持っていて即戦力になるエンジニアを派遣してもらえます。最初からベースのスキルがあるぶん、受入コストや教育コストの削減が可能です。長い目で見たときの投資的な動きとしても、オープンアップITエンジニアさんには最初に頼ることが多くなっています。


――御社には多岐にわたるエンジニアがいる印象を受けますがいかがでしょうか。

神野:エンジニアの職種は、多岐にわたっていると思います。まず、セキュリティ製品の自社開発をしているので、開発部隊がいます。サーバー系の技術者も当然おりますし、ネットワーク系のセキュリティ商材を取り扱っているので、より多くのネットワークエンジニアも必要です。パケット解析も実施することから、ネットワークのベースの知識は欠かせません。
製品を開発・販売しているので、情報発信などの企画的な動きも実施しています。弊社のウェブサイト上で公開する製品サイトの作成を企画部門と一緒に進めているので、Salesforceなどの営業系のバックヤード的な業務もたくさんあります。そういった営業系の情報収集や支援、受発注システムなど、色々なシステムを構築しているので、そのあたりの開発者もSalesforceの経験者がいるオープンアップITエンジニアさんに頼んでいるというところです。


――さまざまなパートナーの中で、多岐にわたるエンジニアを一括で提供できる企業は多くありませんか。

神野:すぐに提案していただける企業は多くありません。これまで、JavaやPHPなどの開発系では、多くの企業とのお付き合いがあります。しかし、そうした中でインフラ、サーバーやネットワークに強いパートナー企業はあまり多くありませんでした。私の部署に限らず、全社的にこうした傾向があります。インフラ全体、ITプラットフォーム全体も含めて、オープンアップITエンジニアさんに頼るところが多い形になってきています。

前向きで自発的なエンジニアばかりで期待以上


――現在、御社で就業している、弊社のエンジニアはいかがですか。

望月氏(以下、敬称略):私の課では、5名の方に働いていただいています。皆さん前向きに業務をこなしていただいています。弊社では、「三自の精神(※)」という行動指針の原点があり、その中の1つに「自発」があります。自分から何でも前向きに、自分事として何事にも積極的に取り組むことが、非常に重要です。そのような部分をこちらから説明することなく業務に取り組んでいただいています。
営業担当の方からお聞きしましたが、オープンアップITエンジニアさんでは知識やスキルだけでなく、エンジニアが自発的に仕事に取り組むことも意識して研修のプログラムを組まれているということでした。そのような行動の指針をもって進めてくれている方々がいることで、こちらとしては非常にありがたいと思っています。

山下氏(以下、敬称略):私の課では最近1人増えて、現在は2名の方に働いていただいています。積極的に自分から動いて周りと馴染もうとしているのを感じます。
指示されるまでじっと待っているようなタイプではなく、分からないことは分からないと、チームのメンバーに聞いています。新しく来た方も同じようなタイプで、自ら仕事を進めていただいているので、やはりオープンアップITエンジニアさんのエンジニアは積極的に自分から動ける方が多いという印象です。

※三自の精神…キヤノングループ行動指針の原点。「自発」「自治」「自覚」の3つからなる


――弊社の人材を派遣する前と後で、ギャップのようなものはありましたか。

神野:特にギャップはなく、期待以上です。個々人のモチベーションの部分が大きく、真面目なだけでなく、受け身でないところがありがたいと感じています。積極的に、何でもアクティブに動いてもらえますので。自発という言葉が出ましたが、それが皆さん強く、意識が高いと感じます。それが精力的なコミュニケーションにつながっていて、短い研修の中でもうまい具合にモチベーションを上げる形を作れているのだろうなと思います。そういう面で、期待以上です。
技術力は資格で評価できるかもしれませんが、モチベーションの部分は目に見えません。個人によるところもあると思いながらも、皆さん総じてモチベーションが高く、積極的です。ビジネスを推進する面でも支援してもらっているように感じています。弊社のビジネスについて当事者意識を持って入ってきてくれている感覚があるので、とてもありがたく感じますし、そこはいいギャップだと思います。

キヤノンITソリューションズ株式会社


――弊社に対して、今後期待することを教えてください。

神野:MicrosoftのM365の資格はニーズがありそうなので、そういったエンジニアも育成していただくと、他の企業様でもお声がけが多くなるように思います。M365のコースの他にも、Googleなど、グローバルなポータルサイトのエンジニアもいれば、引く手あまたになると思います。私たちとしては、いてくれたら助かります。


望月:現状、オープンアップITエンジニアさんでは開発者の派遣はされていないと思います。その辺りも対応していただけると、私としては非常にありがたいなと思っています。
オープンアップITエンジニアさんの研修プログラムは非常に優れていると思うので、開発者の育成・派遣もしてもらえれば、ニーズがあるように思いました。

――本日はありがとうございました。

海外の総合セキュリティ製品『ESET』についてご質問しました

キヤノンITソリューションズ株式会社


インタビュー終了後、キヤノンマーケティングジャパン株式会社様が提供する総合セキュリティ製品ESETについて、製品を担当する技術部門の山下氏にご質問しました。


――ESETがどのようなサービスなのか教えてください。

山下:ESETはもともとアンチウイルスソフトとして日本でリリースしましたが、現在ではファイアウォールや迷惑メール対策等を含んだ総合セキュリティ対策製品もリリースしています。
アンチウイルスソフトとしては日本では後発でしたが、特長である検知率の高さと、動作の軽さを強みにして、現在は個人向け、法人向けともに日本でシェアが拡大しています。また、ESETでは従来のアンチウイルスやファイアウォールなどの侵入対策だけでは対応が難しい脅威に対するソリューションであるEDR製品をリリースしています。昨年9月にこのEDR製品を用いたESET PROTECT MDRというサービスをリリースしました。 このサービスはお客様の環境で脅威が発生していないかを弊社のセキュリティエンジニアが常時監視しレポートの提供や、検出された脅威の対応を行うフルマネージメントサービスとなっています。詳しくは弊社のHPをご覧いただければと思います。

※MDR…Managed Detection and Response(マネージド・ディテクション・アンド・レスポンス)の略称。セキュリティに関するサービスやソリューションの一種であり、組織や企業の情報システムにおける脅威の監視・検出・対応をアウトソーシングするサービス。


――ESETはどのようなお客様にとって、ベストなソリューションになりますか。

山下:ESETは高いウイルス検出力と軽い動作を求めるお客様にベストなソリューションだと考えています。また、高度化するサイバーセキュリティ攻撃への対応としてアンチウイルスなどの事前対策と合わせて自社のコンピューターに対する脅威の監視・検知・復旧といった事後対策について、運用も含めてセキュリティ専門のエンジニアの支援をお求めのお客様にもベストなソリューションだと考えています。 サイバーセキュリティ攻撃は日々新たな手法が生み出されており、いかに早く日本で新しい製品をリリースしていくかが重要だと考えています。


――実際にどのような企業様に導入いただいていますか。

山下:導入事例以外でも皆さんが知っているような大手企業にも多く導入していただいております。そのほか、学校法人にも多く導入していただいており、大学にはコンピューターやサイバーセキュリティに詳しい方が多く、ESETの機能面や検出力の高さを評価していただき導入していただけたという点も大きいというのが私の印象です。

――ありがとうございました。

メールセキュリティ製品『Mailセキュリティ・クラウド』についてご質問しました

キヤノンITソリューションズ株式会社


こちらもインタビュー終了後、キヤノンマーケティングジャパン株式会社様が提供しているサービス「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」について、サービス運用部門の望月氏にご質問しました。


――Mailセキュリティ・クラウドがどのようなサービスなのか教えてください。

望月:Mailセキュリティ・クラウドは、Mailの情報漏えい対策ソリューションであるGUARDIANWALLを利用してサービスを提供しています。「MailFilter on Clould」「MailConvert on Clould」「MailArchive on Clould」の計3製品から構成されています。中でも現在最もお問い合わせをいただていますのが、メールの誤送信対策として添付ファイルダウンロードリンク化機能を有する「MailConvert on Clould」になります。
PPAP(※)対策で有効な手段として、手軽でセキュアなファイル授受を実現でき、ダウンロード時の認証でソーシャルログインにも対応しているなど、より手軽に利用いただけるものとなっています。「どうする?PPAP 代替手段の最適解とは」という特設サイトもご用意していますので、ご覧いただければと思います。 また、誤送信対策を実施したいが、何から始めたらよいか分からないお客様向けにMailセキュリティ・クラウド ベーシックもあります。中小企業でありがちな課題解決を目的として機能を厳選し、より簡単、使いやすくパッケージングしているプランになります。

※PPAP…「P:パスワード付きZIPファイル送付、P:パスワードの送付、A:暗号化、P:プロトコル」の頭文字をとって命名された、企業のメールセキュリティにおける問題を指します。


――実際にどのような企業様に導入いただいていますか。

望月:弊社のウェブサイトに導入事例もありますが、オンプレミス製品も含み4,000社を超える導入実績があり、大手企業様・省庁様・グローバル企業様などにも導入していただいております。ご導入いただく前に、無償でご評価いただくことも可能ですので、是非ご興味がある方は、お気軽にお申し込みください。

――ありがとうございました。

お問い合わせ先

株式会社オープンアップITエンジニア

https://openupitengineer.co.jp
IT営業企画本部 03-6859-5705

資料請求・お問い合わせ

株式会社オープンアップITエンジニアへの疑問について
お気軽にお問い合わせください。

関連事例

CTCテクノロジー株式会社様

CTCテクノロジー株式会社様

派遣エンジニアの受け入れで、保守と運用サービス、2つの業務間での人材の循環が可能に

伊藤忠テクノソリューションズのグループ会社であるCTCテクノロジー株式会社。全国各地にある拠点の中の1つである大阪では、主にハードウェアの構築と保守、ネットワーク運用サービスである「マネージドサービス...

続きを読む

キヤノンITソリューションズ株式会社様

キヤノンITソリューションズ株式会社様

エンジニア派遣の活用で「自社クラウドサービスの拡大」に成功【キヤノンITソリューションズ株...

キヤノンITソリューションズ株式会社は、キヤノングループの一員であり、大手ITソリューションプロバイダーです。同社のサイバーセキュリティ技術開発本部に取材を実施した下記インタビューに続き、本記事では弊...

続きを読む

コムテック株式会社様

コムテック株式会社様

グループ会社も含めた多数のエンジニアの派遣で人材不足の課題解決をご支援

約1,300名ものBP(ビジネスパートナー)の協力のもと、クライアントの経営課題をパートナーとともに解決しているコムテック株式会社。 BPを大切にしており、パートナーである以上は対等であり、一緒に成...

続きを読む

南海システムソリューションズ株式会社様

南海システムソリューションズ株式会社様

スキルとコミュニケーション力に優れた人材の紹介で課題を解決

南海グループ各社のシステム開発・インフラ管理や保守運用業務を担って20年。2022年7月にグループ全体のIT専門会社として新発足した、南海システムソリューションズ株式会社。グループ内のITを担うととも...

続きを読む

CTCテクノロジー株式会社様

CTCテクノロジー株式会社様

地方の人材不足はエンジニア派遣で乗り越える。広島・岡山出身で長く働ける人材を1週間未満でご...

伊藤忠テクノソリューションズ(略称CTC)のグループ会社として、顧客に販売した機器の保守・メンテナンスを担当しているCTCテクノロジー株式会社。未経験でも時間をかけてしっかりエンジニアを育成するスキー...

続きを読む

株式会社日本製鋼所様

株式会社日本製鋼所様

製作所もクラウド活用で更なる進化を。直面したAWSエンジニア採用難を人材派遣で解決。

明治40年創業と、長い歴史を持つ日本製鋼所は、太平洋戦争時までは国内屈指の兵器メーカー。室蘭(北海道)の工場で鋼を製造し、広島の工場で機械加工を行うのが当初の業態でした。戦後はプラスチック市場の隆盛に...

続きを読む

NECフィールディング株式会社様

NECフィールディング株式会社様

決め手は圧倒的な営業力。体制構築の課題をスピードと提案力で解決

日本のあらゆる企業においてICT,ICT化が急速に進んでいる中、業務遂行に欠かせないPC・サーバなどのICT機器その他システムコンサルティングを行なっているNECフィールディング株式会社。システムの保...

続きを読む

クラスメソッド株式会社様

クラスメソッド株式会社様

身につくのは普遍的なビジネスインテリジェンスの知識

「オープンな発想と高い技術力により、すべての人々の創造活動に貢献し続ける。」という経営理念を掲げるクラスメソッド株式会社。AWSの技術認定「AWSサービスデリバリープログラム」を世界最多の計12種類で...

続きを読む

CTCテクノロジー株式会社様

CTCテクノロジー株式会社様

構築から保守運用管理までをトータル支援

目指すは“データの利活用・管理を強みに設計構築~保守運用フェーズまで一貫して対応”する体制構築――そう語るのはクラウド領域でのシステム環境構築から運用・保守までを提供する、CTCテクノロジー株式会社ソ...

続きを読む

ネクストモード株式会社様

ネクストモード株式会社様

AWSなどのクラウドサービスにプラスαの価値提案

クラウドを活用したあたらしい働き方を提案するネクストモード株式会社は、通信事業者として圧倒的な実績と高い信頼を有するNTT東日本と、AWSなどのクラウドサービスで業績を伸ばすクラスメソッド社のジョイン...

続きを読む

CTCテクノロジー株式会社様

CTCテクノロジー株式会社様

保守~設計・構築人材までを迅速に獲得。SIerの戦略を支えるエンジニア派遣サービス

社会のデジタル化が進む一方で、ITエンジニアの人材不足は深刻化の一途をたどっている。そんな中、異業種からキャリアチェンジした未経験若手人材を正社員採用した上で若手人材にIT/デジタルの基礎教育を施し、...

続きを読む

大成建設株式会社様

大成建設株式会社様

品質管理や生産性向上につながるICTツール利活用を支援

「人がいきいきとする環境を創造する」という理念を掲げ、日本の建設業界のリーディングカンパニーとして知られる大成建設株式会社。本州四国連絡橋や青函トンネル、東京都第一本庁舎など、さまざまなプロジェクトを...

続きを読む

日本総合システム株式会社様

日本総合システム株式会社様

やる気・向上心を重視してAWSエンジニアを採用。 研修制度の活用でさらにスキルアップ

1979年の創業以来、長年にわたって流通や金融、製造を中心に幅広い領域でソフトウェア開発を行ってきた、日本総合システム株式会社。先進的で優位性のあるソリューション提供を行うことで、顧客の成長に貢献して...

続きを読む

アマゾンウェブサービスジャパン合同会社様

アマゾンウェブサービスジャパン合同会社様

AWSエンジニアの圧倒的不足解消に期待

DX推進やクラウド化を背景に、IT業務の内製化が注目されています。しかし、技術は日々進化し、多様化するニーズに対応できるエンジニアは多くありません。クラウドによる顧客の事業発展をパートナーを通じて包括...

続きを読む

株式会社ジェーエムエーシステムズ様

株式会社ジェーエムエーシステムズ様

経験の有無よりも人柄重視のAWS技術者採用で、ピンチがチャンスに変わりました。

一般社団法人日本能率協会のSI(システムインテグレーション)部門を母体として、ソフトウェア産業の黎明期より50年にわたり数多くの情報システムを提供してきた株式会社ジェーエムエーシステムズ様(JMAS)...

続きを読む
顧客事例一覧へ