TOP > 顧客事例 > コムテック株式会社様

コムテック株式会社様

顧客事例

グループ会社も含めた多数のエンジニアの派遣で人材不足の課題解決をご支援【コムテック株式会社様インタビュー】

充実した研修制度の存在により、お客様先にエンジニアを安心してアサインできる

コムテック株式会社様

約1,300名ものBP(ビジネスパートナー)の協力のもと、クライアントの経営課題をパートナーとともに解決しているコムテック株式会社。

BPを大切にしており、パートナーである以上は対等であり、一緒に成長していきたいという想いを持っています。

常に多数の案件を有しているため、常時エンジニアの確保は欠かせませんが、ITは人材の調達が困難だという課題もあります。

そのようなコムテック株式会社のパートナー支援室で室長を務める宮倉氏と、パートナーオペレーションチームリーダーの千葉氏、パートナーリレーションチームの中西氏の3名にお話を伺いました。

プロフィール

コムテック株式会社 宮倉 秀仁様

宮倉 秀仁

コムテック株式会社

AXIS Div.
パートナー支援室
室長

コムテック株式会社 千葉 聖奈様

千葉 聖奈

コムテック株式会社

AXIS Div.
パートナー支援室
パートナーオペレーションチーム
リーダー

コムテック株式会社 中西 佑介様

中西 佑介

コムテック株式会社

AXIS Div.
パートナー支援室
パートナーオペレーションチーム

「IT」「営業」「事務」の3本柱でお客様のビジネスを支援


――普段はどのような業務をされているのでしょうか。

宮倉氏(以下、敬称略):「IT業務」「営業支援」「事務業務」の3つの分野において、お客様の経営支援をしています。正社員約1,200名、契約社員やパート・アルバイトなどのスタッフ社員も含めると約1,800名が在籍しています。一方で約1,300名のBP様にご支援いただき、さまざまな案件にアサインすることで、お客様のビジネスをサポートしていくのがミッションです。
弊社は元々、クレジットカード会社や臨床検査会社の入力業務から始まっており、データベースの入力から保守運用や開発にも事業を展開し、IT系の業務で成長してきました。また、データベースに蓄積された情報を分析し、お客様に還元することで売上に変えていくという視点で、コールセンターも含めた営業支援もしている会社です。
BP様の割合でいうと、IT業務が約50%、営業支援と事務業務が約25%ずつという形になっています。


――パートナー支援室における、皆様の役割について教えてください。

宮倉:パートナー支援室としては、BP様と連携しつつ、現場にいる方々からの「このような人材はいませんか」という要望を吸い上げて、条件にマッチした人材をアサインしています。
私の役割は、全体の統括になります。BP様の人数を増やすことはもちろん、関係をより強固なものにしていくのが私の役目です。

千葉氏(以下、敬称略):私は、案件の取りまとめと配信がメインの業務です。現場から上がってきたリクエストを取りまとめ、BP様に展開することが一番の軸になっています。付随して、今後のパートナー戦略を決め、実際にいろんな施策を打つこともしています。データを収集して、お取引状況を定点観測したうえで、今後の戦略立案や施策の作成等をリーダーとして進めています。

中西氏(以下、敬称略):私のメインの業務は、既存のBP様との関係強化です。弊社は事務業務からスタートしている会社なので、他の分野に比べてITの業務はまだ成長途上な部分があります。ITの分野をより強化するために、IT領域の新規パートナー様の開拓を現在メインで進めております。

BP(ビジネスパートナー)は運命共同体
チームワークを発揮して一緒に成長していけるパートナーを求む

コムテック株式会社


――お付き合いするBPの基準などはありますか。

宮倉:ベースとしてスキルは必要ですが、それ以上にご提案いただく人材が弊社の雰囲気に合っているかという点を重要視しています。現場の方々としても、一番気にしているのは人間性の部分だと感じます。


――御社の雰囲気や文化について教えてください。

千葉:事務・営業・ITと分野や現場に関わらず、コミュニケーションの部分が非常に重要な会社になります。チームワークを重視しており、「協調性を持って進めていこう」というマインドがベースにあることが大事だと思っています。弊社には個性的な社員が多いのですが、それぞれの考え方がある中で、1つのチームとしてまとまって仕事を進めていくところが弊社の特色です。BP様もそういう方であれば、弊社とマッチすると思います。

中西:同意見です。私は現場の方々とやり取りをしていますが、エンジニア様は話がしやすく、コミュニケーションを取りやすい方が多いと感じます。


――「外注」という言葉を使っている会社も多い中で、BPという呼び方にこだわりを持たれている理由はありますか。

宮倉:BP様を外注と思ったことはありませんし、社内でもその言葉を使うことはありません。BP様は弊社にとって、運命共同体と思っています。
仮に、私たちが売上を重視して安い金額でBP様と契約したとしても、長期的な関係は築けません。長期的に働いていただくには、BP様にもしっかり利益が残るようにすることも必要です。例えば、40万円の単価で仕事に入っていただいて、3年後も同じ金額のままなら、その方は辞めてしまいます。それならば、その方が一緒に成長でき、単価も上げていけるように考えていきます。パートナーである以上、対等であるという考え方が、弊社のベースにあると思っています。

常に案件が溢れているから多くのBPが不可欠
オープンアップITエンジニアやグループ会社の支援で人材不足が解決

コムテック株式会社


――ITの分野で人材を多く集めることが必要になった背景について教えてください。

宮倉:お客様からの需要が高いからというのが背景になります。

千葉:コロナ禍で案件数が落ち込むこともありましたが、それもごく一時的なもので、最近は案件数も非常に増えてきており、需要も多くなっているのを感じます。


――御社では、常に案件が溢れているような状態なのでしょうか。

宮倉:おっしゃる通りです。私がパートナー支援室に異動になった昨年10月の時点では、毎週40名ほど人材が不足している状況でした。そこから、毎週25名の不足程度にまで落ち着いてきました。近々9月からの案件が入ってくるので、現在不足している人数は60名程度です。この不足人数を減らすことも、我々の大きなミッションです。


――新規のパートナーも常に探しているのですか。

千葉:探しています。協力していただけるパートナー様の母数を常に増やしつつ、お声がけしてもなかなか人が集まらない案件には、200社に送れるよう200社分のコネクションを持っておこうという活動もしています。母数を増やす取り組みとして、現在進めているのが新規開拓です。ITの分野は人材の確保が難しいので、ITのBP様を拡大していく取り組みを私と中西で進めています。

中西:エンジニアといっても経験者の方は、どこの企業様でもあまりいらっしゃらないと感じています。どこの企業様でも、未経験の方を現場に入れて育成しているような共通点があるという印象です。


――当社では主に若手エンジニアを採用しています。御社としても、若手を受け入れていただくなど、育成のほうにシフトされているのでしょうか。

宮倉:私たちとしても、BP様には長く働いていただきたいという思いがあります。例えば、レベル1の案件があったとして、単価は経験者と比べて低い金額でしか出せません。しかし、経験を積んでもらうことで、1年後にはそれまでよりも単価が良いレベル2の案件をご紹介できるようにしていきたいと思っています。
一生懸命仕事をしていただいているのにもかかわらず、案件が終わったらお別れということはありません。「この案件が終わったら、次はこのレベルを目指しましょう」と一緒に成長していき、それに応じて単価も上げていく形です。育成に注力しつつ、しっかりと単価も上げていきたいと思っています。


――当社とお付き合いする前後で、人材不足の課題は解決できましたか。

宮倉:私がパートナー支援室に来て、まだ1年経っていませんが、オープンアップITエンジニアさんをはじめ、オープンアップグループ(※)のグループ企業の方々から多大な支援をいただいています。昨年10月から今年7月までの段階で、弊社のBP様は300名ほど増えています。御社のグループから来ていただいている方は、パートナー様の総数の中でも割合が大きく、不足していた人的リソースを次々ご支援いただいているという意味で、課題の解決になっています。最初の時点で毎週40名不足していたのが毎週25名にまで減っているのは、御社グループのご支援の賜物だと感じています。

※オープンアップグループ…オープンアップITエンジニアの親会社。各グループ会社は主にエンジニア派遣の事業をしており、ITインフラ・IT開発・機電・建設など領域は多岐にわたる

エンジニアの研修制度に好印象
ともにエンジニアを育成してお客様のビジネスを支援していきたい

コムテック株式会社


――当社について、どのような印象を持たれたか教えてください。

宮倉:私がパートナー支援室に来てから、100社以上のパートナー様とお会いして、会社に訪問もさせていただいています。その中で、御社に好印象を持ったのは研修制度です。御社ではエンジニアを採用してから派遣するまで、1~3カ月の研修期間があると伺っています。ビジネスのことを考えれば、すぐにでも客先に派遣したいと考えても不思議はありませんが、中にはなかなか習熟に至らない方もいるはずです。それを3カ月間かけてじっくり育て上げ、デビューさせるまでの助走期間をしっかりとられているというのをお聞きして、とても良い印象を受けました。
そうした育成なしに派遣されてしまうと、「パートナーの役割は何だろうか」と感じてしまいます。石を磨けばダイヤモンドになるかもしれませんが、磨かないまま石を渡されても、石のまま返さざるを得なくなるときもあると思います。だからこそ、御社の研修制度には良い印象を持っていますし、エンジニアを教育していただきながら、一緒にビジネスを進めていきたいと感じています。

千葉:私は3年ほど前に御社を訪問させていただき、そのときに研修風景を拝見しました。多くの実機があって、若手エンジニアの方々が実際にそれらを触りながら研修を受けていたのが印象的でした。コストをかけて、しっかり若手を育成しているところがとても素晴らしいと感じました。

中西:私も、御社の研修制度について、宮倉・千葉と同意見です。それ以外にも、御社は他のBP様に比べて、要員ベースのご提案が圧倒的に多いという印象を持っています。いろいろなBP様からいただいた要員ベースのご提案をスプレッドシートにまとめて、各現場に展開しているのですが、そのうちの半分以上を御社グループ企業様のエンジニア様が占めているほどです。
週に2~3回、エンジニア様がずらりと並んだご提案を要員ベースでいただけているので、規模感があり、土台がしっかりしている印象があります。エンジニア様を多くご提案していただけるので、今までは案件ありきでBP様にお願いしていたのが、人ありきで案件を探すこともできるようになりました。


――御社の今後の展望と、当社に対して期待することについて教えてください。

宮倉:現在行っている業務として、お客様の経営課題をどう解決していくかということを考えると、私たちだけではできないことがたくさんあります。その中で、強みを持っているBP様と協力してご提案をするというのは、1つの解決策です。
未経験の方々も経営支援の案件に共同提案させていただいて、経験を積んでいただき、次のプロジェクトに入りやすくなるように進めていきたいと思っています。個ではなく、チームとして一緒にビジネスやプロジェクトを進めていけるようなことをしていきたいです。
御社の場合、研修制度がしっかりしているので、そういったことも可能だと思っております。チームを動かす人材や、共同提案できる人材をご支援いただきながら進められればいいと思うので期待しております。

千葉:御社のエンジニアがということではなく、全体的なお話として、定着の部分が弊社の課題になっています。入っていただいたのに、すぐに辞めてしまうということがないように、現場としてフォローしていくところを弊社では諸々対策している状況です。
BP様にアンケートをとって、困っていることがないか聞いたりする取り組みも行っています。その部分で、営業の方がエンジニア様をフォローしていただければ幸いです。派遣先と派遣元、両方がエンジニア様をフォローして、しっかり定着していただけるようにすることが目下の課題です。その課題を解決しつつ、定着率を上げていけるように、お互い進めていければいいと思っています。

中西:今後の展望としては、ご支援いただくBP様の目標人数を設定し、その目標を達成していくことを1番に考えております。現在は、以前からお付き合いのある夢テクノロジー(※)さんとビーネックスソリューションズ(ITエンジニアリングカンパニー)(※)さんが統合して、担当者が2名いるという贅沢な状況になっています。以前設定した目標人数を達成できるよう、現場担当者も含め、今後はより密に2名の担当者様とやり取りをしていきたいと考えております。

※夢テクノロジー…オープンアップITエンジニアの旧名称
※ビーネックスソリューションズ(ITエンジニアリングカンパニー)…ビーネックスソリューションズは主に機電エンジニアの派遣事業をしている、オープンアップグループのグループ会社。2023年7月1日に、組込み開発事業の「エンベデッドシステムカンパニー」とITインフラ事業の「ITエンジニアリングカンパニー」に分割された

――本日はありがとうございました。

お問い合わせ先

株式会社オープンアップITエンジニア

https://openupitengineer.co.jp
IT営業企画本部 03-6859-5705

資料請求・お問い合わせ

株式会社オープンアップITエンジニアへの疑問について
お気軽にお問い合わせください。

関連事例

CTCテクノロジー株式会社様

CTCテクノロジー株式会社様

派遣エンジニアの受け入れで、保守と運用サービス、2つの業務間での人材の循環が可能に

伊藤忠テクノソリューションズのグループ会社であるCTCテクノロジー株式会社。全国各地にある拠点の中の1つである大阪では、主にハードウェアの構築と保守、ネットワーク運用サービスである「マネージドサービス...

続きを読む

キヤノンITソリューションズ株式会社様

キヤノンITソリューションズ株式会社様

エンジニア派遣の活用で「自社クラウドサービスの拡大」に成功【キヤノンITソリューションズ株...

キヤノンITソリューションズ株式会社は、キヤノングループの一員であり、大手ITソリューションプロバイダーです。同社のサイバーセキュリティ技術開発本部に取材を実施した下記インタビューに続き、本記事では弊...

続きを読む

キヤノンITソリューションズ株式会社様

キヤノンITソリューションズ株式会社様

スキルも自主性も育む研修があるから安心。多岐にわたる職種で、多数の即戦力エンジニアの受け入...

キヤノンITソリューションズ株式会社は、大手ITソリューションプロバイダーです。SIerとして「製造・流通」や「金融・社会」のソリューション事業を行いつつ、ITプラットフォーム事業ではITインフラの構...

続きを読む

南海システムソリューションズ株式会社様

南海システムソリューションズ株式会社様

スキルとコミュニケーション力に優れた人材の紹介で課題を解決

南海グループ各社のシステム開発・インフラ管理や保守運用業務を担って20年。2022年7月にグループ全体のIT専門会社として新発足した、南海システムソリューションズ株式会社。グループ内のITを担うととも...

続きを読む

CTCテクノロジー株式会社様

CTCテクノロジー株式会社様

地方の人材不足はエンジニア派遣で乗り越える。広島・岡山出身で長く働ける人材を1週間未満でご...

伊藤忠テクノソリューションズ(略称CTC)のグループ会社として、顧客に販売した機器の保守・メンテナンスを担当しているCTCテクノロジー株式会社。未経験でも時間をかけてしっかりエンジニアを育成するスキー...

続きを読む

株式会社日本製鋼所様

株式会社日本製鋼所様

製作所もクラウド活用で更なる進化を。直面したAWSエンジニア採用難を人材派遣で解決。

明治40年創業と、長い歴史を持つ日本製鋼所は、太平洋戦争時までは国内屈指の兵器メーカー。室蘭(北海道)の工場で鋼を製造し、広島の工場で機械加工を行うのが当初の業態でした。戦後はプラスチック市場の隆盛に...

続きを読む

NECフィールディング株式会社様

NECフィールディング株式会社様

決め手は圧倒的な営業力。体制構築の課題をスピードと提案力で解決

日本のあらゆる企業においてICT,ICT化が急速に進んでいる中、業務遂行に欠かせないPC・サーバなどのICT機器その他システムコンサルティングを行なっているNECフィールディング株式会社。システムの保...

続きを読む

クラスメソッド株式会社様

クラスメソッド株式会社様

身につくのは普遍的なビジネスインテリジェンスの知識

「オープンな発想と高い技術力により、すべての人々の創造活動に貢献し続ける。」という経営理念を掲げるクラスメソッド株式会社。AWSの技術認定「AWSサービスデリバリープログラム」を世界最多の計12種類で...

続きを読む

CTCテクノロジー株式会社様

CTCテクノロジー株式会社様

構築から保守運用管理までをトータル支援

目指すは“データの利活用・管理を強みに設計構築~保守運用フェーズまで一貫して対応”する体制構築――そう語るのはクラウド領域でのシステム環境構築から運用・保守までを提供する、CTCテクノロジー株式会社ソ...

続きを読む

ネクストモード株式会社様

ネクストモード株式会社様

AWSなどのクラウドサービスにプラスαの価値提案

クラウドを活用したあたらしい働き方を提案するネクストモード株式会社は、通信事業者として圧倒的な実績と高い信頼を有するNTT東日本と、AWSなどのクラウドサービスで業績を伸ばすクラスメソッド社のジョイン...

続きを読む

CTCテクノロジー株式会社様

CTCテクノロジー株式会社様

保守~設計・構築人材までを迅速に獲得。SIerの戦略を支えるエンジニア派遣サービス

社会のデジタル化が進む一方で、ITエンジニアの人材不足は深刻化の一途をたどっている。そんな中、異業種からキャリアチェンジした未経験若手人材を正社員採用した上で若手人材にIT/デジタルの基礎教育を施し、...

続きを読む

大成建設株式会社様

大成建設株式会社様

品質管理や生産性向上につながるICTツール利活用を支援

「人がいきいきとする環境を創造する」という理念を掲げ、日本の建設業界のリーディングカンパニーとして知られる大成建設株式会社。本州四国連絡橋や青函トンネル、東京都第一本庁舎など、さまざまなプロジェクトを...

続きを読む

日本総合システム株式会社様

日本総合システム株式会社様

やる気・向上心を重視してAWSエンジニアを採用。 研修制度の活用でさらにスキルアップ

1979年の創業以来、長年にわたって流通や金融、製造を中心に幅広い領域でソフトウェア開発を行ってきた、日本総合システム株式会社。先進的で優位性のあるソリューション提供を行うことで、顧客の成長に貢献して...

続きを読む

アマゾンウェブサービスジャパン合同会社様

アマゾンウェブサービスジャパン合同会社様

AWSエンジニアの圧倒的不足解消に期待

DX推進やクラウド化を背景に、IT業務の内製化が注目されています。しかし、技術は日々進化し、多様化するニーズに対応できるエンジニアは多くありません。クラウドによる顧客の事業発展をパートナーを通じて包括...

続きを読む

株式会社ジェーエムエーシステムズ様

株式会社ジェーエムエーシステムズ様

経験の有無よりも人柄重視のAWS技術者採用で、ピンチがチャンスに変わりました。

一般社団法人日本能率協会のSI(システムインテグレーション)部門を母体として、ソフトウェア産業の黎明期より50年にわたり数多くの情報システムを提供してきた株式会社ジェーエムエーシステムズ様(JMAS)...

続きを読む
顧客事例一覧へ